注文住宅を建てる際に利用する住宅ローンの選び方とは

By admin

2020年12月5日

固定金利か変動金利か

注文住宅を建てるために住宅ローンを利用する場合には、金利プランを慎重に検討する必要があります。プランの選び方によって最終的に負担しなければならなくなる金利の金額が数百万円単位で変わってくることも珍しくないためです。住宅ローンの金利プランには大きく分けて、変動金利と固定金利の二つがあります。このうち、借入時点で金利が低いのは変動金利の方ですが、固定金利が借入期間中は金利が動かないのに対し、変動金利の方は市場金利の情勢によっては将来的に金利が引き上げられるおそれがあるという点に注意する必要があります。そのため、将来的に市場金利が上がると思うのであれば固定金利を、それほど変わらないと思うのであれば変動金利を選ぶようにすると良いでしょう。

住宅ローンを利用する銀行の選び方

住宅ローンの金利水準は、利用する銀行によって大きく異なります。一般的には、インターネット専業の銀行などは他と比べてかなり低い金利で住宅ローンを提供しています。もっとも、住宅ローンの商品性は金利だけで決まるわけではありませんので、金利が低いという理由だけで銀行を選ぶのはおすすめではありません。ローンに付帯する保証制度や、オプションでつけられる3大疾病保険の内容なども踏まえて、自分のニーズに本当に合う銀行はどこであるのかを慎重に見極めるべきなのです。もちろん、金利水準も重要なファクターではありますが、くれぐれもそれだけで銀行を決めてしまわないようにしましょう。

大阪の注文住宅は、全国に支店を構えるハウスメーカーから、昔ながらの地域に根差した工務店まで色々なところで販売が行われています。