家づくりの基本!快適で住みやすい導線とは?

By admin

2018年10月19日

家事がはかどる導線とは?

家づくりに大切なのは、生活を想像して設計することです。こどもがいるファミリー、2世帯家族、ペットがいるなど、家庭により様々なパターンがあり、それぞれに合わせて計画します。もう一つ大切なのは毎日の家事を効率化することです。家事の効率化は時間の短縮、身体の負担減、節電に繋がります。まず抑えたいのは炊事、洗濯、お風呂の動線確保です。何故か、炊事と洗濯は毎朝の忙しい時間に重なる仕事です。主婦は~しながらの動作が多いです。その為その2つの場所が家の端から端であると、移動に時間がかかる事、料理をしながらの洗濯が出来ない事、それにより時間がかかり、体力も使います。洗濯場が遠いと洗面も遠くなり、身支度をしながらの炊事も出来なくなるのです。節水の為、洗濯に風呂水を使う時は洗濯場と風呂場も近くする必要があります。

汚れない家の導線とは?

スペースがあるなら、家族専用の出入り出来るシュークロークを作ると玄関を綺麗に保つ事ができます。玄関は家の顔になり、靴や荷物が散乱している玄関は訪れた人にも失礼です。出来ればそのままパントリーやキッチンに繋がっていると、買い物した荷物を玄関に放置することなく中まで運び込むことが出来ます。もう一つは、子どものいるファミリーは玄関からリビングを通らずに洗面所に行ける導線を確保すると、子どもが泥だらけでかえって来てもすぐに洗面所で着替える事ができます。花粉の時期も同じく、洗面所で着替えることでリビングに花粉を振りまくことがなくなります。家づくりは生活を想像することが大切です。あなたの家庭にあった家づくりをしましょう。

注文住宅とは、建物の間取り、設備、インテリア等を建築依頼者が自由に決めることができる建築方法のことです。