マンションを購入するときの目のつけどころ

By admin

2018年6月22日

値段だけで決めてませんか!

決して安い買い物ではないだけにお値段が気になりますよね。

マンションを選ぶときに「安い」からと飛びついていませんか。

物件の購入代金以外にもお金はかかる

マンションを買うときに、その物件の値段だけを見ていませんか。

マンションを購入すると必ず「管理費」「修繕積立金」というお金がかかります。

これは、毎月管理組合に払うもので「管理費」はマンションの清掃や点検などに使われます。

「修繕積立金」とは、いわば「マンション全体の貯金」のようなもので、大きな修繕に備えて蓄えられます。

物件購入費だけを見て生活費ギリギリのところでローンを組むと、このふたつが払えずに結局売却してしまうなんてことも考えられます。

また、「管理費」「修繕積立金」が安すぎる場合も要注意です。

販売時はわざと安く設定して売りやすくし、後に値上げするということもよくあります。

室内の設備を確認しよう

お値段が安い場合、それには理由があります。

キッチンやバス、トイレなどに自分の必要な設備があるかどうか、材質が何なのかなどをよく確認しましょう。

どうしても妥協できない点があればリフォームをしなくてはいけません。

その場合別途お金がかかることになりますね。

管理会社の評判も要チェック

マンションはほとんどの場合、「管理会社」が入っています。

「マンションは管理を買え」という言葉があるように、いいかげんな管理会社に任せておくと入居後に困ったことがあった場合などに適切な対応をしてもらえないこともあります。

管理会社の評判を事前にチェックしておくことも重要ですね。

柏のマンションなら車や電車を使って東京に出かけやすいため人気があります。市内には商業施設も揃っているので暮らしやすい物件です。