賃借物件は購入物件には無い数多くのメリットがある

By admin

2018年12月10日

賃借物件はお金を一度に多く払う必要が無いのが魅力的

賃借物件のメリットはお金を一度に多く払う機会が少ないと言うことです。家を購入した場合は購入代金を販売元に払う必要があり、土地と家のお金を合わせれば数千万円以上の支払いをする必要があります。住宅ローンを組んだとしてもそれは借金で返す必要があり、金利も発生します。賃借物件の場合は最初に敷金礼金等や家賃を払う必要はありますが、最初から多額のお金を用意する必要は無く、固定資産税や都市計画税等も別途払う必要はありません。家に備えつけてあるキッチンやトイレ等の設備が壊れた場合(借主の過失無し)、修理費用は貸主が原則負担します(契約により異なる)。この場合、修理費用は高額になる傾向にありますが、そういった心配はありません。

賃借物件は心配が少なく臨機応変に行動することが可能

賃借物件の家は、税金の支払い(固定資産税等)や設備(キッチン等)が壊れた場合の対応は貸している人が行うので面倒が無く、あれこれ考える心配はありません。万が一地震や噴火等で家に重大な影響が出た場合でも家を借りているだけなので、そういったリスクの心配を考える必要は少ないと言えます。転勤等の場合でも賃借の場合は比較的簡単に引っ越しできるので心配が少ないです。購入した場合には、他人に貸す、または売却する必要が出てきます。賃借の場合は家の間取り・仕様等に不満が出た場合は自分の希望にあった家に引っ越しすれば解決できます。近隣住民との関係や家の住む環境(買い物施設の有無や電車は飛行機の騒音等)に不満があれば、引っ越せば良いだけです。

札幌市中央区の賃貸物件は、道内から移住者が多くでてるため年々高騰しています。主に、高齢者が充実した医療施設を求めてることが要因の一つとなっています。